Re:sweet

アーケードレースゲームの元・県ランカーが 再びブログを書き始めたようです。

メンテナンスと痛コン

【DAOコン】皿暴発について(検証編)

注意
現在FP7やREシリーズなど弐寺のDAOコン向けに皿暴発に対応した最新のファームウェアが公開されています。
自分はこのファームウェアによって皿暴発の現象が全くなくなりました。
皿センサーや歯車も全て変えたりしてチェックを行った結果、皿暴発の原因は旧型基盤とファームウェアだと判明しました。
FP7などをお持ちの方で皿暴発が起こる方は最新の基盤(センサーではなくボタンなどが接続されている基盤)に交換し、なおかつ最新ファームウェアを適用してみてはいかがでしょうか?
新型基盤でもファームウェア更新をしないと暴発は改善されませんのでご注意を。

…と結論が出たので 以下の内容は過去のものです。興味のある方のみどうぞ




こんばんは。
最近はゲームセンターでは弐寺DP,GITADORA,DDR(DP),POP'Nを中心にやってます。
DPははじめたばかりでよく分からないです。現在DP二段です。
あとブロとも申請コーナーを設置しました。

さて、本題に行きましょう。
皿の暴発に関してですが、僕は皿側のパーツが壊れているのではないか?と予想してスペアパーツを注文しました。
ということで、友人のコントローラ修理のついでに先日DAOコン(FP7)の皿側のパーツを交換しました。
具体的に挙げると、皿の歯車とセンサーの2箇所をGAMO2で注文した新品かつ同型のものと交換しました。
歯車に歪みなどもなく、センサーを取り付ける際は細心の注意を払いました。
そしてテスト。あ、使っている基盤は対策済み基盤、ファームウェア()です。
結論から言いますと、部品交換をして皿暴発は 直りませんでした
あ、待って下さい!ここまで見てくださったなら最後まで是非読んでいってください。。
最初の1時間は皿暴発が一切無く問題なかったのですが、突然いきなりシャンシャンシャンと…(皿暴発によるシンバル音)。

ということで、部品を交換しても効果がなかったのでファームウェアのアップグレードを行いました。
GAMO2からプログラムの更新について一切メールが来なかったので問い合わせたら 最新のプログラムについての情報を送ってくれました。
ちなみに上の部品交換後の皿暴発確認までは皿暴発対策基盤が届いた際のファームウェア、確かV1.02かV1.04でコントローラを使っていました。

なのでファームウェアのバージョンV1.10っていうのを使ってみました。
結果、皿の感度が昔(対策前の基盤)に戻って、とても反応良くなりました。これ逆効果じゃないのかな?
ですがV1.10にアップグレードしてから、僕が1時間 友人が3時間以上BMSをしましたが、皿の暴発は分かる範囲では一切確認されていません。

そういえば僕の場合皿の暴発は、一度暴発状態になったら、皿を少しでも触らないと鍵盤を押すと同時に皿も反応するという現象でした。
なので、少なくとも僕の場合はセンサーや皿の歯車は皿暴発に一切関係なく 多分基盤側の処理の問題なのかなぁと捉えて基盤のアップグレードを行いました。

まだアップグレードして1日なので何ともいえませんが、アップグレード以降今のところ皿暴発の問題は一切ありません。
僕は部品交換(歯車とセンサー)+アップグレードV1.10で皿暴発がなくなっています。
今後1週間ほど様子を見てまた記事を書こうと思います、

そんなわけで検証編、ということでまとめてみました。
それではまた次回~。

【DAOコン】簡単に出来る初期メンテナンスについて

こんばんは。サボり魔の自分がダラダラと長い時間をかけて書いた記事です。
今回はDAOコンを中心とした海外コンのメンテナンスについての記事です。
自分はFP7を昨年秋ごろ注文したのですが、全てデフォルトで注文したため アーケードと感覚が大きく違ったりバネの反響音がうるさかったり鍵盤の重さが…などなど色々改善したい点がありました。
その後何度もメンテナンスを重ね、全てデフォルトパーツでもACでやるよりも気持ちよくゲームできる!という状態まで仕上げる事ができました(※体感には個人差があります)。

今回は最低限これだけはしておこうという簡単なメンテナンスのみ書きます。

メンテナンスや改造を行う際は使用するもの(スプレーなど)の使用上の注意をよく読み、安全な場所で正しく使用してください。
もし他にこんな方法ありますよー!という方は是非この記事にコメントをお願いします。

※専コンについては自分がメンテナンスをしたのが相当前なのと、専コンのメンテナンスについて記事にまとめている皆様が既に数多くいることからこの記事内では触れないことにします。



まず バネの反響音を消すところから始めます。
使うのは無溶剤のシリコンスプレーです。ホームセンターに売っています。
シリコンスプレーはデフォルトや三和バネ関係なく全てのバネに使います。
また、バネ意外でも活躍の場がたくさんあるため絶対に買っておいたほうがいい商品です。
ここで注意書きですが、必ず 「無溶剤」のシリコンスプレーを使用しましょう。後にボタンでもシリコンスプレーを使いますが、無溶剤ではないシリコンスプレーはボタンを溶かします。無駄な出費を抑え、長く気持ちよく使うためにもこの点はよく注意しておいてください。
無溶剤のシリコンスプレーは500円程あれば買えると思います。
こんな感じのものです
spr.jpg

僕は横浜のホームセンターコーナンというところで買いました。スプレーは1本あれば大丈夫です。

メンテナンス方法は以下の通りです。
・まず新聞紙などいらない紙を敷きシリコンスプレーが染みないようにします。
・その上にボタンから外したバネを乗せます。(1つずつでなくても一気に全てのバネを置いても大丈夫です。)
・あとはバネ軽くシリコンスプレーを軽くシューっとするだけです。このときに注意してほしいのは シリコンスプレーは意外と勢いが強いので バネがスプレーの勢いでどこかへ飛んでいき 紛失してしまうということです。
・あとはバネをボタンにセットし直します。この時、あまりにもシリコンスプレーを大量につかってしまった場合は、バネから滴り落ちる可能性などもあるので、新聞紙やティッシュなどで軽く拭き取ってからボタンにセットします。

これをすることで
「ボタンを押したり離したりした後のバネの反響音がなくなります。」
この効果はとても長く持つので一度スプレーをしておけばしばらくは大丈夫です。

これについてはフォロワーさんのKUDさんからもう1つ別の方法を教えていただきました。
バネに細いマスキングテープを貼る事によって、バネの反響音を小さくすることができます。
僕宛のリプライに改造のやり方の分かりやすい画像などを載せてくださったので、画像の載っているTwitterの会話のURLを貼らせていただきます。是非見ていってください!(自分も今度マスキングテープを買って試してみるつもりです。)
画像やKUDさんによる詳しい解説はこちら https://twitter.com/KUD_Lps/status/553360299584016384


次にボタンの滑りを良くするメンテナンスです。特に虹コン使用してる方には是非注目してもらいたいです。
デフォルト状態ではボタン本体と枠(ホルダー)の間でプラスチックがこすれる事により、ボタンが重く感じたり戻りが悪くなったりする事があります。色々触ってみたところ、知り合いの方の虹コンがまさにこの状態でした。ゲームセンターのようにスムーズにボタンが押せるようにするために、ここでも無溶剤のシリコンスプレーを使います。
・まずボタンをホルダー(土台のようなもの)とボタン本体(普段指の触れる方)の2つに分けます。
・ティッシュを何枚か重ねて用意し、シリコンスプレーを1秒弱ティッシュにふきかけます。
・そのティッシュでホルダーとボタンが当たる部分(枠の側面4面)を拭きます。
・ボタン本体の側面(4面)を同じようにして拭きます。
・ボタンを組みなおして完成。

これをすることで
「ボタンの摩擦で発生する不快な音や引っ掛かりをほぼ無くすことができます。」
バネにスプレーをふきかけたら、そのままボタンの作業に入るのが効率いいかもしれませんね。

ここからはシリコンスプレー以外を用います。

次にボタンの深さを浅くする改造です。
用意するのは薄いゴムシートまたはコルクシートです。よく聞くのはゴム手袋とかですが、自分は試した事がないのでノーコメントです。ゴム手袋は改造するのに手間がかかると思ってやってません。
ホームセンター(僕はコーナンに行きました)に厚さが1mmのゴムシートやコルクシートがあると思います。
出来れば片面が貼り付けできるようにシールになっているものがいいですね。予算としては300円~500円ぐらいで買えると思います。
粘着テープが片面についているゴム(またはコルク)シートを購入したと仮定して説明します。
・まずボタンを分解します
・次にボタンのボディ…土台?の上下2箇所に細く切ったゴムシート等を貼り付けるだけです。
文章だけだと分かりづらいと思いますので画像を用意しました。シートを貼り付ける際参考にしてください。
下の画像のような感じです。
blod.png
黒がボタンのふちで、白い部分はボタンが普段はまっている部分ですね。真ん中の灰色の丸はボタンのLEDとか色々入っている穴です。
この画像の赤い部分にシートを貼ります。

順番が前後してしまい申し訳ありませんが、これはボタンにシリコンスプレーを使う手順の前にやるといいと思います。

これをすることで
ボタンの深さが浅くなる+多少の静音化が期待されます

個人的なオススメの手順は
手順1 ボタンをバラしてバネにスプレー!(バネ反響音を静音化)
手順2 ボタンの深さを調整するために深さ調整のためにシートを貼る(ボタンのストローク調整)
手順3 ボタンをシリコンスプレーやティッシュ等を使って磨く!(ボタンの引っかかりをなくし滑らかな打鍵感に)

といった感じです。


最後になりましたが 投稿するのがとてもとても遅れてしまい申し訳ありませんでした。
この記事が少しでも読んでくれた方の環境改善などの手助けになれれば嬉しいです。

また、何か分からない事などあればブログにコメントや当ブログ右側よりask.fmに質問をお願いします。分かる範囲で答えていこうと思います。自分はFP7.虹コン2.0.専コンを所持していて、アケコンに関してはメンテナンスのみした経験があるのでそのあたりのコントローラでしたら分かる事が多いと思います。



追記(2015/11/28)
パーツクリーナーのスプレーをティッシュか何かにほんの少しかけて、EMPシートの表面(指とか手を置くほうですね)を拭いてあげると、DAOのデフォルトEMPシートでも滑りにくくなります。


リンク集
KUD改二 様 (バネ静音化の情報提供ありがとうございました)

【海外コン】GAMO2で新春セール開始!

こんにちは。最近急に寒くなりましたね…。
先日こたつを出してからなかなか机に向かわなくなってパソコンに触る時間が半分以下に減ってしまいました。
気が付いたらブログを更新しようと言いつづけて数日経ってしまっていました。

今年もあと10日ほどで終わってしまいますが、今年中はブログに 音ゲーをやっている方向けに役に立つ記事や個人的に気になっているニュースなどを書いていこうと思います。
それにあたって このブログの記事カテゴリ分類に 音ゲーを追加しました。
個人の趣味で書いている小さなブログですが、読んでくれた方の一人でもいいので、この記事が何かの役に立たてれば嬉しいと思っています。よろしくおねがいします。


さて、もう知っている方は多いと思いますが、GAMO2様(以下GAMO2)にて新春セールが開始されましたね!
GAMO2(日本語サイト)新春セールのページはこちら http://www.gamo2.com/jp/newyear/

SVSE5 SimpleEdition以外の製品が全て値下がりしてます。送料無料と書いてありますが、セール期間以外でも計5000円以上の注文で送料無料です。
ポプコンとRED2が1万円以上の値下げという事でとてもお得になっています。その他のFPS,FP7,PEE2等は2000円前後の値下げでちょっとお得ですね。
セールは "2014/12/16日から2015/2/1まで" 行われる予定だそうです。期間が長いのでお年玉やボーナスなどに期待したり、お財布と相談しながらゆっくり悩むのもいいと思います!

自分は10月末にFP7を購入しましたが届いてからほぼ毎日使っています。専コンでも楽しかったのですが、自分好みにボタンを軽くしたり痛コン化したり!FP7はFP7でとても楽しいです。おかげ様でこの2ヶ月の間に上達できた気がします。ただし一つ不安な点も…。


自分はBMS向きのコントローラしか持っていないので FP7に関連する簡単なレビューを含めながら
今回のセールの(関係ないことも含みますが) いいと思う部分と不安な部分をまとめると…

・いいと思う部分
GAMO2で購入するとデフォルトのバネとスイッチとボタンが予算1000円以内で三和ボタンに負けないぐらいいい押し心地になるという事です。これについては別に記事を書き進めています。よほど予算に余裕があったりこだわりがない限り、三和ボタンやスイッチを買わなくても全く心配ないということです。正直、僕はアーケードの三和ボタンよりDAOボタンの方が好きです。
それと当たり前ですが安く購入できるのでお財布に優しいです。スイッチ分ぐらいは若干浮くので好きなカスタマイズを選ぶのも利点だと思います。
最後に大きな利点!ゆうちょ銀行の口座があれば手数料無料で入金することができます。つまり本体価格以外に送料や手数料など0円でコントローラを購入する事ができます。

・一方不安な部分は…
現在のDAOコンはFPS,FP7.PEE2,RES,RED全てに同じ基盤が使われているようで、どうやら2014年後期の基盤は皿暴発が起きるといった報告が多数あったようです。実際に自分のFP7も皿暴発で悩まされています。
この暴発、GAMO2公式が2014年11月中旬頃から皿暴発の対策に皿の感度調整機能の追加された対策済み基盤を無償で購入者に送ったのですが、全く効果がありませんでした。残念な事にTwitter等で反応を見ると、僕以外の方も対策済みの基盤に交換しても効果が見られないといった様子でした。
自分は対策前基盤と対策後基盤で皿暴発の頻度は変わらず、皿の感度は調整できたのですが暴発は変わらず。
現在は対策済み基盤が入っているそうですが、皿の暴発する可能性が大きいということを覚えておいて欲しいです。
また、僕の時は入金から4日で商品(FP7)が到着しましたが、セール期間は注文が多く 届くのに最大1ヶ月以上かかる場合もある というお話を聞いています。元々納期の長いコントローラですが、広い心でゆっくり待ちましょう。
またセール期間は注文が多く 商品の出来が雑な場合が普段より多くあります。具体的な例だと 内部の配線が汚い。ネジが足りない。配線が間違っている…などなど。どれも直そうと思えばすぐに直せるようなものですが、もし自分が機械音痴だと思う方は その点を踏まえて購入するのがいいかもしれません。
これは海外コン全般に言えることですが、海外コンは自分でメンテナンスすることが前提なので、多少の配線ミスなどは自分で直せないと大変です。参考になる記事を書いている方がたくさんいますのでそれらを参考にしながら ゆっくりでいいのでメンテナンスというものに慣れていきましょう!
自分でよろしければTwitter等で聞いてくださればお答えできる限りメンテナンスなどの質問に答えていこうと思います。


そんなわけでGAMO2新春セールに関する記事でした!
この記事を書いた僕自身も、もう一台コントローラが欲しいのですが皿の問題がどうなるかでちょっと悩んでいます…買うならPEE2かRESかなぁ。



今回の記事に関するリンクまとめ。
GAMO2様 日本語公式サイト
GAMO2様 新春セール特設ページ
GAMO2様 Twitter

【痛コン】プリンタがなくてもFP7痛コン化!説明と補足など

こんにちは。お久しぶりです。
先日FP7が届いてからCS十段合格したり発狂初段合格したりAC十段合格したり…色々いい感じです。 
自分はFP7を全てデフォルトで注文したので、自分のやりやすいように改造したりしてしばらく見た目について考えられなかったのですが、先日しっくりくる状態になったのでそろそろ見た目も変えてみようかなぁと思って痛コンにしてみました。

製作する際以下の記事(ブログ)を参考にさせていただきました。
テンプレート公開!GAMOコントローラを痛くしてみた (かさぶろぐ 様)
DAOコン(FP7)を痛コン化! (なののビート記録 様)
とても感謝です。

結果こんな感じに仕上がりました!
dao.jpg
若干切り取りミスなどありましたが大満足です。実は黒い鍵盤にも印刷したものを入れてあります。



さて、本題に入ります。

まず最初に、この記事はプリンターを持っていない方が痛コンを製作する少しでも手助けになるように…と考えての記事です。プリンターを持っている方には全く参考にならないです。
また、ファミリーマート以外のプリンタでのテストはしていないので、ファミリーマート以外ではこの方法で製作する事が出来るか不明です。
使っている海外コンの種類はFP7 2012です。このコントローラ以外での確認はしていません。
また、この記事を読んで発生した不具合などについて私は一切責任を負いません。


自分はプリンターを持っていないためコンビニで印刷する以外に選択肢がありませんでした。
そこで余白や画像サイズなどでとても悩んで色々やってました。実は2枚紙を無駄にしていたり…

上の2つの記事を読んだ方で
「余白を考えないといけないのは分かったけど、いまいち余白やサイズに関してよく分からない。」
「鍵盤側は記事を読んで完成させることができたが、皿側をコンビニで印刷するときって余白とかってどうすればいいのか分らない。」
「難しすぎてよく分からない!keyboardやstart,selectなどの文字が印刷されなくてもいいので 好きな画像を印刷してみたい。」
などなど。そんな事を思った方がいるかもしれないと想定して 自分が痛コンを製作している最中に1気づいた事などを書いていこうと思います。


まずは 余白について。
なののビート記録 様の記事にはファミリーマートで印刷する際の余白について書かれています。
記事を読むと 「1614×1053になるように余白を入れればいい!」と書かれています。
これを少し細かく説明します。
①まず1~7鍵のデザインを仕上げます。僕はかさぶろぐ 様のテンプレートを使わせていただきました。(Photoshopの使い方などはまた後日別の記事を書こうと思います。)。
②仕上げたものをペイントなどのツールを使って1280×835のサイズになっているか確認。1280×835になっていない場合、サイズを変更します。
③この1280×835のデザインを1614×1053になるように余白をつけてあげます。

setsumei1.jpg

こんな感じになればokです。
(鍵盤側の場合) 画像部分が1280×835。画像サイズは1614×1053になれば大丈夫です。これをjpeg形式で保存しましょう。

同じ手順で皿やスタートセレクト部分も作っていきます。
だらだら書かずにあとはサイズだけ書いたほうがいいと思うのでサイズだけ記載しておきます。
(追記)…と以前言っていましたが、改めてみると分かりづらいのでスタート/セレクト周りや皿側の方も分かりやすいように参考例を載せておきます。

スタートセレクトボタン周りのテンプレートは デザイン部分が1280×408,全体が1614×1053。

mini_read.jpg
こんな感じです。

皿側は上下それぞれデザイン部分が1340×670、全体が1614×1053です。

minisarasetusmei.jpg
こんな感じ。
赤色の部分は説明しやすくするため残しましたが…嘘です。消し忘れました。
この皿の赤色の部分は編集が終わってPhotoShopで保存する直前に、赤いパーツを見えないようにOFFにできます。右の方のレイヤータブに表示されている写したくないパーツの横の目のマーク これを押すと映ったり消えたりすると思います。もしテンプレートに同梱されているSTARTなどの文字が不要だったりする場合もこの方法で消す事ができます。


※皿側について。 かさぶろぐ 様の記事のように上側と下側に分けて印刷する事を前提として説明しています。まず鍵盤側のようにデザインを製作し、完成後上下に2つ分けて、それぞれ1340×670のサイズに(する必要があればリサイズ)しましょう。そのあと余白を付ければ上のような状態になると思います。


鍵盤、スタートセレクト、皿上、皿下 計枚データが出来たらUSBフラッシュメモリやSDカードに入れてファミマへ!

ファミリーマートに行く前にアドバイス。印刷したものを綺麗な状態で持ち帰れるようにクリアファイル等を持っていきましょう。
まさか2回目に痛コン製作をするときにこの記事を書いた人がクリアファイルを忘れたなんて。そんなまさか…ね

さぁ、プリンタで印刷しましょう。
手順は
①デジタル画像印刷
②引きのばしプリント(A4光沢紙 1枚120円)
この後自分で使いたいメディアを選んだり画像を選んだり…一気に4枚画像選ぶことも可能ですが、失敗するのが怖い方や初めて印刷する方などは様子見を兼ねて1枚最初に印刷してしまうのもいいかもしれません。
ファイルを選んだ後のプレビューが出る画面で拡大印刷と原寸大での印刷の2種類選べると思いますが、必ず原寸大の方を選んでください!確か1枚120円で1枚印刷できます。2枚無駄にしたっていうことは240円…

(追記)どうやらファミマでも場所によって選択項目の名前や手順が違う場合があるようです。基本的には A4光沢紙に原寸大でプリント 1枚120円 です。

あとは印刷したものを切り取るだけですね!



それと最後になりましたが、フォトショップやテンプレートなどを使わずもっとお手軽に作りたい場合、テンプレートを使わないだけでデザインと画像の全体のサイズを上記のサイズにしてコンビニで印刷すればおkです。

(追記)鍵盤部分だけですが画像を作りました。
黄色がお好きな画像、黄緑部分は本来はただの余白ですが見辛いためこの画像のみ色をつけました。見てもらうと分かるように テンプレートを使っていないだけで画像の大きさを調整して余白をつけただけです。

wakariyasui.jpg



この記事に関して分からない事などあればブログにコメントやask.fmに質問をお願いします。
livedoor 天気
カウンター
  • 累計: